From Seeds to Cup

From Seeds to Cup

「種からカップまで 」 〜〜コーヒー豆の長い旅〜〜

 コーヒー豆はコーヒーの木が実(チェリー)をつけ、その実の中に入っているふた粒の種がコーヒー豆と言われるものです。コーヒー豆はカップの中で美味しく楽しめるまで、長い長い道のりを経て私たちのカップまで届くのです。

「スペシャルティコーヒーとは」

人類は長いコーヒーの歴史の中で美味しく個性のあるコーヒー豆を探求しています。
ではいつの頃からスペシャルティというカテゴリーの最高級のコーヒー豆について認識がされたのでしょうか。
諸説はありますが、おそらく、1978年、フランス人コーヒー卸会社エルナ ヌッセンがコーヒーの国際会議の席上、
スペシャルティという言葉を使ったのが最初と言われています。

彼女が言うところのスペシャルティコーヒーとは、地理的、気候的な特徴を持つ地区からの、
独特のプロファイルと個性のある香りをを持つ事。
さらにコーヒー豆は、丁寧に準備され、焙煎したてであり、その特徴をさらに引き出す抽出方法にこだわるべき
であるということです。

ワインや他の飲み物と異なり、コーヒー豆は消費国からは遠く離れた、エキゾチックな、南北回帰線の間の国々の
山奥の僻地の産地で育ちます。また、飲めるコーヒー豆となるまでの工程が非常に長く、複雑で、生産の各段階で
きちんとしたガイドラインを作っていくことによりさらに高品質のコーヒー豆を生産できるようにと、
様々な手法や技術が発展していきました。

何を持ってスペシャルティコーヒーと定義されるか? 
袋詰めされ届いたグリーン豆を見たときに欠点豆がより少ないということ、
点数によって等級をつけていくことで、定義を定めるようになっています。
そしてその欠点が少ない豆を作っていくにはどうしたらいいのか、欧米のスペシャルティコーヒーに関わる団体、
企業による、産地のコーヒー農家へ、教育、指導、保証等、惜しみないサポートを通して、近年、単一農家、
あるいは農家が集まった協同組合式により、非常に高品質で個性のあるコーヒー豆が生産されるようになりました。

等級付けする方法は何種かありますが、現在ではスペシャルティコーヒーの団体として世界の業界のリーダーでも
ある米国スペシャルティ協会の等級方法が業界のスタンダードとされています。

米国スペシャルティ協会:等級方法。

300グラムのグリーン生豆を用意。
スペシャルティグレード(1):300グラムのうち欠点が5点以下であること。第一次欠点がないこと。
ボディ、フレーバー、アロマ、アシディティのうち最低一つが決定的な特徴を持っていること。
水分含有率は9-13%であること。傷やダメージのないこと。
と定義されています。
(第一次欠点とは、黒ずんだ豆、欠けた豆、小石が混ざっていることなどの見た目の欠点を言います)




DSCF9769-1

 

 

Picture-052-1

 

Picture-268-1

error: Content is protected !!